海外で働くなら英語力よりもコミュニケーション能力

最終更新日

Comments: 0

この記事はこれから海外就職、海外転職をしようかなと考えている人に向けて書きます。


もうすぐ海外暮らしを始めて3年が経とうとしていますが、えいらんずがなぜ海外に住むことになったかというと、日本社会に息苦しさを感じて、という本当によくありがちな理由からです。


まずはそのメリットとデメリットを考えてみました。



海外暮らしのメリット

・生活コストが安いため、貯金しやすい(ただし東南アジアに限る)
・その国の言語に興味がある場合、言語習得が一種の趣味になる
・日本社会や日本での生活に伴っていたしがらみを振り切れる


海外暮らしのデメリット

・ 食事
・言葉の壁
・家族や友人と会える頻度が減る


人によってはメリットになり得なかったり、デメリットが逆にメリットになったりする人もいると思います。

ただし覚えておかないといけないのは、こと仕事に関しては、海外に住んでそこで就職したとしても、日系企業であれば企業風土は日本色が強く、日本で働いているのとなんら変わらないというのが実態であり、事実、えいらんずが入社した会社もこの例に漏れませんでした。

労働時間については日本で働いていた頃より圧倒的に短く、これについてはかなり満足しています。これは東南アジアの場合、現地の人は残業せず早く帰る習慣があるので、日本人もそれに合わせてそうなっている感じがします。

また、駐在員の場合も、自分がその現場で一番上のポジションであることが多く、仮にそうでない場合でも、上司や先輩、同僚の絶対数が少ないので、気を使って遅くまで残業する必要がないというのもあります。


ちなみにえいらんずの悩みは言葉の壁に関連したもので、日常生活ではさほど困らないけど、職場での言葉の壁は結構きついなと思う時があります。職場の現地人とは英語でやり取りすることになるのですが、自分の場合英語は決して苦手ではないけど、言語に関わらずしゃべること自体がそんなに得意ではない、まあ要はコミュ障なので言いたいことが伝わらない、相手の意図がわからないといったことが稀に起きます。(一番やばいやつじゃ・・・)

海外で働く場合は、英語力よりもコミュニケーション能力

これはほんとにそう思います。周囲といい関係を築き円滑に仕事を進めていける人って、日本であれば国語力(日本語力)が高い人じゃなくてコミュ力が高い人ですよね。コミュ力の高い人って学生時代、国語の成績が良かった人かって聞かれたら、全然関係ないです。
なのでそれは海外に出ても同じで、たとえ英語力が低くても(もちろん最低限は必要だけど)、コミュ力の高い人は端から見ててもスムーズに日本人以外とコミュニケーションをとれている印象を受けます。


それと、例え日系の会社であっても、日本人の数はせいぜい多くて全社員の15-20%。20人の部署なら3-4人。自分以外のこの数少ない他の日本人とウマがあわなかったりすると、結構辛いです。日本で働けば、10人いれば3-4人は気の合う社員がいるものだけど、海外では日本人の数自体が少ないので、気のおけない同僚や、先輩後輩自体ができない可能性があります。


なので、日本でも耳にタコができるほど聞かされてきた、「コミュニケーション能力」という言葉ですが、やはり海外でも重要視されています。

コミュ障のえいらんずはこの言葉が大嫌いです(o´~`)

eiranzu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする