移住先はタイにする?マレーシアにする?

最終更新日

Comments: 0

外移住を思い立つ理由は人それぞれだと思います。

・昔から海外が好きで、一度海外で働いてみたい(住んでみたい)
・自分の力が海外でどれくらい通用するのか知りたい
・日本の社会に閉塞感を感じたから

などなど。

他にもあるかもしれないけど、えいらんずの場合は上記のようなものが主な理由でした。ちなみに10代の頃も「自分には日本社会は合ってないんじゃないか」と思い、ヨーロッパに短期留学をしてみたけど、帰国後の当時の感想としては、「案外、日本人も外国人も変わらないだな」ということ。そこで気づいてしまったのです。
「自分には日本社会は合っていない」のではなくて、
「自分には社会は合ってないんだ」ということ。つまり社会不適合者であるということ。


本題に戻ると、タイトルの「移住するならどこがいい?」について、移住先を選定するポイントは人それぞれだと思いますが、自分は下記のような感じで選びました。

  1. 仕事が見つかりやすい
  2. 気候がいい
  3. 食事がおいしい
  4. 生活コスパがいい

自分の場合、上記全てに合致したのがタイでした。

>1. 仕事
日系企業が多数進出しているので、日本人の働き口は多いです。
多い職種順で言うと、営業(業界問わず)、工場責任者、ITエンジニア、という感じです。

ちなみにえいらんずはIT系の仕事をしていましたが、エンジニアと呼べるほどのものではないです。
タイでしていた仕事については、別途、記事にしようと思います。

>2. 気候
>3. 食事
気候と食事に関しては主観的なものですが、自分は寒いよりも暑い方が好きで、食事に関してはタイ料理が好きというわけではなく、どうせ日本食が恋しくなるだろうから、そんな時にすぐに手軽に日本食が食べられる国を調べたら、どうやらタイっぽいかったので。

というか、タイに住んでいる人の意見で「暑いのが好きって人、圧倒的に多い気がします。
自分もそうですが、日本人で夏が好きって人、結構多いですもんね。



>4. 生活コスパ
タイという国(バンコクに限る)は、これだけインフラが整い、サービスの質・量ともに申し分なく、それでいてそれを安く享受できるという点において、これだけコスパのいい国は世界でも稀だと思います。

周辺にはベトナム、カンボジア、ミャンマーといった更に物価の安い国がありますが、社会インフラやサービスレベルでタイよりも劣ります。一番タイと近いレベルにある国がマレーシアで、事実マレーシアは最近日本人に移住先として人気があります。



自分も移住先を考えた時、最後はタイとマレーシアの二択になりました。


最終的に決め手となったのは・・・



タイの方がなんとなくおもしろそう

 

ちなみに東南アジア以外で、他に移住先候補に挙がっていたのは、

・ハワイ 子供の頃行ってこの世の天国だと思ったから
・ロサンゼルス 30歳の時に行って、気候と雰囲気が最高だったから
・ヨーロッパ 暖かい南仏や緑豊かなドイツに興味があった

候補に挙げながら選考に漏れたのは、日本人の仕事が少ない、もしくはあっても専門性の高い仕事が多く、日本でのうのうと暮らし、スキルアップもしなかった自分にはハードルが高かったから。

そんなわけで海外移住を考えてるみなさん、タイが断然おすすめです。

eiranzu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする