タイで就職したら日本よりも貯金できた件 ※給与公開

最終更新日

Comments: 0

タイに来る前、タイの方が物価が安いので、日本よりも給料が安くなることはもちろん承知の上でした。その上でひょっとしたら日本よりも多く貯金ができるのでは?と淡い期待もありました。

日本で働いていた時

給与:手取り25万
支出:15万(家賃8万、光熱費1万、通信費7千、食費5万、雑費1万)
貯金額:9万円

・東京都内に住んでいたため家賃高めです
・会社でのランチは毎日外食していたため高くつきました
・たまに友人と飲む以外は上記以外はほとんど出費していませんでした

 

タイで働いていた時

給与:手取り23万(1バーツ3.5円計算)
支出:8万(家賃5万、光熱費2千、通信費3千、食費3万、雑費5千)
貯金額:15万円

・利便性のいいコンドミニアムに住んでいるため、家賃高め
・昼食は基本、会社の食堂でタイ料理+食後のコーヒーで250円 / 日くらい
・そのため、食費のほとんどは夜に食べる日本食(奥さんと食べるため二人分)

 
結果・・・タイにいる時の方が日本にいる時よりも6万円多く貯金できている


えいらんずは住むところは便利なところ、かつ部屋の間取りがいいところに住みたいため、家賃をあまり惜しみません。日本にいた時もタイにいる時も、人にこの家賃を言うと必ず高いと言われました。

また、貯金が趣味みたいなところがあるので、できるだけ余計な出費をしないようにしています。ただしタイに住んでからは旅行で遊びに行きたいと思う場所が増えたため、2~3か月に1回はタイ国内で旅行に行ってます。

旅行の予算は 1回あたり2万円くらいです。
※この旅行の費用は上の支出に含めていません

 

それと、日本にいた時は一人暮らしですが、今は奥さんと二人です。生活に必要な雑費や通信費を奥さんに払ってもらうことはありますが、家賃や食費など出費の大部分はえいらんずが払っています。にも関わらず日本にいた時以上に貯金できている事実にびっくりです。

1つ気がかりなことがあるとすれば年金です。えいらんずは日本での年金をタイに来てからは払っていないので、このままタイに住み続けた場合、将来日本からもらえる年金がゼロか、もらえたとしてもかなり少ないのではないかと思ってます。

ただし、日本に住んで年金を払い続けた場合でも、30年後40年後に一体いくら年金をもらえるのかという保障もありません。それを判った上で、というかそういった部分に不安を感じてタイに来たというのもあります。えいらんずは年金には期待せず、現役の時にできるだけ貯金をしたいと考えている派です。


また、本来のんびりするためにタイに来たので矛盾していますが、タイでこれだけの給料をもらえるのは、重箱の隅をつつくような細かい指導のもと、日本的働き方を強いられた代償でもあります。

 

eiranzu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする