つまらないタイの観光地

最終更新日

Comments: 0

えいらんずが実際に行ってつまらなかったタイの観光地について書きます。

※あくまでえいらんずの独断と偏見です

1位:ワットポー、ワットプラケオ

観光地として有名な王宮です。

行った時期(4月)が悪かったのかもしれませんが、これじゃ王宮を見に行ったのか、中国人観光客を見に行ったのかわかりません。じゃあ空いてればおもしろかったのかと聞かれるとそうとも言えないので、単にえいらんずにとってこの手の観光地は全く惹かれるものがなかったというだけのことです。中学生の頃、修学旅行で京都に行き、金閣寺や二条城を見ても何の感動も覚えなかった感覚に近いです。

ちなみに施設内は撮影OKですが建物内は撮影NGです。

えいらんずは撮影NGの張り紙に気づかずにスマホで写真を撮ったら、警備員に腕を掴まれ一時スマホを取り上げられました。その後スマホはすぐに返してもらえましたが、行かれる方は気を付けてください。

2位:ヤワラート(中華街)

 

横浜の中華街に行ってがっかりした時の感覚に近いです。考えてみれば、特に中国が好きなわけでも中国の町並みや雰囲気が好きなわけでもないので、異国にある中華街に行っておもしろいわけはないのです。ただ、屋台で食べたホイトート(卵と貝を揚げた食べ物)は格別においしかったです。以来これよりおいしいホイトートにはまだ出会えていません。

3位:アユタヤ

 

 

お寺と仏像のオンパレードでそれ以外は特に見どころがないため、そういったものに興味のない人にとってはつまらないです。でも大仏の大きさにはちょっと驚きましたが。

左下の画像は、昔アユタヤ王朝の頃にミャンマーに侵攻され、破壊された仏像の頭だけが取り残され、それを取り巻くように大木が根を張った有名なスポットです。歴史と自然の融合によって生まれたこのオブジェクトだけは、えいらんずにとって興味深かったです。歴史が好きな人は、タイの歴史、アユタヤ王朝などについて事前に勉強してからいくと、アユタヤはもしかしたら楽しめるかもしれません。

と、散々タイの有名な観光地をこきおろしてしまいましたが、そもそもえいらんずは観光地というものに興味がないのです。観光地は「はい、これが観光地です、どうぞ見てください」という感じがして、ひねくれた性格のえいらんずは素直に楽しめないのです^^;

じゃあどこがいいかと言われると、タイにおいては断然海、とりわけ島です。

日本にいた時は海はそんなに好きではありませんでした。関東出身のえいらんずにとって海と言えば湘南で、湘南はのんびり過ごすというよりは、ギラギラした若者が女の子をナンパしたり、または逆にナンパされにいくような雰囲気がありました。それに比べるとタイの海は雰囲気が全然違うんですよね。(観光地として人気のある海だと、物売りのおばちゃんにナンパされますが)

また、島の魅力はたぶん沖縄の宮古島や石垣島、離島(えいらんずは行ったことありませんが)に行ったことのある方ならわかってもらえるかと思います。言葉では伝えづらいので、このブログで随時タイの島の写真をアップしていきたいと思ってます。

eiranzu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする