毎年何かが壊れる、タイのコンド・賃貸住宅事情

最終更新日

Comments: 0

今住んでいるコンドミニアム(日本で言うマンション)は、築15年くらい、えいらんずは3年ほどここに住んでいます。

3年の間にいろいろ故障して修理したので、思い起こしてみました。

冷蔵庫

入居して1週目、牛乳が4~5日で腐ってるんですよね。冷蔵庫の中にある温度調節のつまみをMAXにしても、生ぬるいし最初からもうダメだったっぽいです。

コンドを契約する時に仲介してもらったエージェントを通じて、オーナーに買い替えてもらいました。確か連絡して一週間以内には新しい冷蔵庫がきたので、割と対応は早かったです。

洗濯機

入居から2~3か月で作動しなくなる。
まずはコンドのオフィスの人に見てもらう。

ダメそうなのでエージェント経由でメーカーの人を手配。
モーターが壊れていたらしく、部品交換(代金立替、後でオーナーに請求)にて修理完了。

 

1回目の修理完了から2年半後、再び故障。
どの部分の故障か聞かなかったけど、メーカーの人曰く買い替えが必要とのことでオーナーへ連絡し買い替えてもらいました。

 

 

エアコン

入居して数か月で水がボタボタたれてくるようになり、下が水浸しになるほどだったので、使用時に下にバケツを置いてしばらく凌いでいましたが、いつの間にか水漏れはなくなりました。

しかしその2年後、2つあるうちの1つが故障したので修理にきてもらったところ、壊れていた方は使えるようになったものの、逆に壊れていなかった方が壊れて使えなくなる事態に。

しばらく1台だけを使っていましたが、その後壊れた方のエアコンを交換してもらいました。

※2台のうち1台は使えるから大丈夫と思ってはダメです。もう1台が故障したら冬ならともかく、夏は地獄です。

  


更にこの交換から3か月後、電源はつくもののいくら設定温度を下げても冷風が出てこなくなりました。

またもエージェント経由でメーカーの人を手配し修理してもらうと、前回の工事の時に屋外機のパイプの締め付けが弱かったらしく、それが原因でエアコンが正常に作動していなかったようです。業者の仕事が雑だったみたいですね。


給湯器

これは入居して2年半ほどでお湯が出なくなりました。年中暑いタイでも冬にお湯のシャワーを浴びれないと寒いですが、幸い冬ではなかったので2か月くらい水シャワーで凌ぎました。

 

 

というわけで、3年間で5つの機器が故障し、1つを修理、4つを新品交換しました。たまたまえいらんずの部屋が当たりだったのでしょうか?^^;

まあ、このコンドは入居時で築12~3年だったと思うので、その間一度も買い替えていないとしたらちょうどガタがくる頃だったのだと思います。特にエアコンは暑いタイでは毎日使いますし、冷蔵庫も消耗が激しいと思います。

これらの物は自前ではなく、コンドに備え付けのオーナーの所有物になるため、買い替え費用も全てオーナー持ちであり、入居者としては修理手配や立ち会いの手間はあるものの、無償で新品交換してもらえるのでありがたいです。


ちなみにメーカーは以下の通りです。

冷蔵庫
旧:シャープ
新:東芝

洗濯機
旧:Electrolux(スウェーデン)
新:SAMSUNG

エアコン
旧:TRANE(アイルランド)
新:ダイキン

給湯器
旧:不明
新:リンナイ

 

エージェントもオーナーもレスポンスがめちゃくちゃいいという訳ではありませんでしたが、すごく待たされたというほどでもなかったので引き続き今の部屋に住み続けようと思います。

これからタイに住もうという方は、予め覚悟しておくといざ壊れた時にも「ここはタイだ、日本とは違う」と言い聞かせ冷静に対処できるかと思います。


蛇足ですが、えいらんずは日本にいた時サービスエンジニアのような仕事をしていて、パソコンまわりの機器交換作業等していたことがあります。なのでこの手の仕事の作業ミス(エアコン)は恥ずべきことだと思っているし、逆に手際よくパッパと作業し完璧な仕事をする人は気持ちいいしかっこいいですね。

 

eiranzu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする